歯列矯正・裏側矯正とは?「裏側矯正のデメリット」

歯列矯正で治療費と並んで大きなネックとされるのが、歯に取り付けなければならない矯正装置となるでしょう。
いくら気にしないと心に決めても、どうしても目立ってしまうブランケットは人の目線も気になりますので、その点歯の裏側にブランケットをつける裏側矯正は大きなメリットとして働くはずです。

しかし、この裏側矯正にもやはりデメリットは存在します。

裏側矯正は非常に高い技術が必要となるため、通常の歯列矯正治療よりも完成度という点では見劣りする場合もでてきます。
そのため、裏側矯正を施しても、最後の最後に微調整をするために結局は通常のブランケットを歯の表側に着けなければならなくなるということもあるようです。

残念ながら、この事態を避けるためには、本人の歯の状態や歯科医の技術によってきますので、避けようがないと言ってしまえば避けようのないものになってしまいます。
それでも、ブランケットを表側に着ける期間が圧倒的に短くなることを考えれば、人によってはまだまだ利用価値のあるものでしょう。

こういった裏側矯正のデメリットも考慮にいれてみて、是非どちらの治療を受けるか考えてみてはいかがでしょうか。



このページの先頭へ