歯列矯正・裏側矯正とは?「裏側矯正の利点」

歯の裏側に強制装置をつけて治療を行う場合、もちろんその装置が目立たないので、あの歯列矯正独特の気恥ずかしさみたいなものを気にしないで済むことができます。
歯列矯正の治療期間は非常に長いものとなっていますので、これは子供に限らず、大人にとっても非常にありがたいものではないでしょうか。
人と顔を合わせたときに相手の目線が自分の歯にいってしまうのは結構気になるものです。

私もこれは経験しているので、非常によく分かります。

人前で笑顔になることが本当に嫌になります。

この気持ちを子供の頃に味わってしまうと、大人になってからもトラウマのようになってうまく笑顔が作れないという人もいるようです。
子供の心は思っている以上に繊細なものですので、本当にちょっとしたことが一生の心の傷になってしまうこともあるんですね。
もしも自分のお子さんに歯列矯正を行うことを考えている親御さんは、子供のちょっとした表情の違いなどでそういった感情を理解して、是非親身になって相談に乗ってあげたり、励ましてあげてください。
もしくは、そういった心配の要らない裏側矯正を行うことも一つの手段だと思います。

こういったブランケットが目立たないという利点の他にも裏側矯正には虫歯になりにくいという利点もあります。
歯列矯正用のブランケットをつけているとどうしてもその部分を歯磨きで磨きにくくなりますので、虫歯になりやすくなるという欠点があります。

これはブランケットを着ける以上裏側でも同じことなのですが、歯の裏側は表側と比べると虫歯になりにくいと言われていますので、表側よりも虫歯になるリスクは低いと言えるでしょう。

もちろん表側に歯列矯正を行ったからといって、必ずしも虫歯になるというわけではありません。
しかし、少しでも虫歯になるリスクを減らしたいという方は裏側矯正を一考する価値はあるのではないでしょうか。



このページの先頭へ