歯列矯正と保険の適用

歯列矯正の治療費が高額な理由の一つとして、歯列矯正治療には健康保険が適用されないということがあります。
この事実には「納得できない!」という人も多いかもしれませんが、本来健康保険の用途というものが、病気の治療に適用されるものであるということを考えれば、ある意味しょうがないものと言えるのかもしれません。

歯列矯正はあくまで、予防もしくは自分を美しく見せるためのものにすぎないのです。

もちろん限りある国のお金ですから、病気の治療とどちらが優先すべきかというとその答えは自ずと決まってしまいます。

しかし歯列矯正に関しては例外があり、「顎変形症」と診断された場合はその矯正の為に保険を適用させることができます。
この顎変形症とは、あごを手術しなければ、かみ合わせを改善できないことを言うのですが、もし歯並びの悪さがこの顎変形症からくるものと診断されればその治療の為に保険を使うことが可能となります。

しかし、この顎変形症を診断される人は歯列矯正治療を望む人の中でも数は少ないそうですので、やはり歯列矯正の治療に保険を使うということはあまり最初から期待しない方が良いと言えるかもしれません。

最近では歯列矯正治療用のローンなども組んでいる所が多くあるそうですので、自分の負担を少しでも軽くしたいのであれば、こういった物を調べると良いかもしれませんね。



このページの先頭へ