歯医者でレントゲン

歯列矯正を行う病院選び、そしてカウンセリングが終わると、次は自分の歯やあごの状態を把握するためにレントゲンをとることになります。
このレントゲンをとることで、カウンセリングの時には知ることのできなかった、より正確な歯列矯正にかかる期間、そして費用なども計算できるようになります。
歯列矯正を行うためには、人それぞれが違うあごや歯並びを正確に知る必要がありますので、このレントゲンをとるということは避けては通れない道となります。

しかし、これは別に怖がらせるわけではないのですが、レントゲンをとることを非常に嫌がる人も中にはいらっしゃいます。
その理由として、レントゲンをとることで微量の放射線を浴びることになりますので、そのことを怖がる方が多いのですね。

ちなみにレントゲンで放射線を浴びることを「被爆する」とも言います。

レントゲンの害はまだまだ知られていないことも多いそうですので、レントゲンがどれほど人体に悪影響を及ぼすのかは分かりません。
しかし、最近ではレントゲンの放射線を極端に減らす技術も高まってきているそうですので、それらが気になる方は、通う歯医者さんにそれらの器機を導入しているかどうかを聞いてみましょう。



このページの先頭へ