成人の歯列矯正「歯列矯正と抜歯の必要性」

歯列矯正の為の診察に行って、抜歯の必要があると言われ意気消沈してしまう人も多いかもしれません。
歯列矯正の抜歯の必要性に関しては、それこそ個人差があるため、人によっては抜歯をする必要がありあませんし、人によってはあります。
また、人によっては、考えようによっては必要だけど、考えようによってはあまり必要性はない、という何とも曖昧な判断しかできない人もいるようです。

抜歯については普段あまり考えることのないようなことなので、大した問題ではないようにも思いますが、実際にいざ自分が抜歯をするとなると、非常に大きな悩みとなってきます。
たとえ歯のように小さなものでも、これまでの人生で自分の口の中に常にあったものですし、一回抜歯してしまえばそれが二度と戻ってくることはありません。

そういった理由からも、いくら歯列矯正のためとは言え、実際に抜歯をするとなると二の足を踏んでしまう方が多いのは当然のことだと言えると思います。

実際に患者さんの歯を抜かなければならない歯科医の方も当然こういった患者さんの気持ちは知っていますので、喜んで抜歯をするという人は少ないでしょう。
しかし、歯列の矯正という目的を果たすために、抜歯が必要な場合はそれが必要と患者さんにしっかり伝えるのも歯科医としての務めです。
そのことをしっかり理解して、もし抜歯が自分にとって好ましいことではなくても、しっかり歯科医の方の話には誠実に耳を傾けてあげてくださいね。

また、数はそこまで多くはないようなのですが、歯列矯正の際に「抜歯は絶対に行わない」というモットーを掲げている歯科医も少ないながらあるようです。
どんな理由だとしても、抜歯だけは絶対に嫌だ、という人はちょっと大変かもしれませんが、こういった歯科医を探すと良いかもしれませんね。



このページの先頭へ