歯列矯正治療と医療費控除

歯列矯正は何十万、場合によっては百万程度の費用がかかってきます。
この多大に掛かる歯列矯正費用の負担を少しでも軽くするために、最終的に掛かった費用が多少還元される、医療費控除という仕組みを是非利用しましょう。

この医療費控除を簡単に説明すると、普段国に払っている税金から、「お宅は病院にかかるという自分ではどうしようもない自体になってしまったので、その分税金をお安くしますよ。」ということで、一旦支払った税金からその分を返すという仕組みです。

しかし、この医療費控除は美容整形などのように、絶対的に必要ではないものには適用されません。
そのため、見かけを矯正したいという理由での歯列矯正治療は医療費控除の対象にはならないということになります。

しかし、歯列矯正の場合はかみ合わせの悪さなどによって、健康そのものを害するという危険性もあるため、そういった意味での歯列矯正は医療費控除の対象として認められます。
小児の歯列矯正はこの「健康を考えての矯正」という意味合いが強くなっていますので、お子さんに歯列矯正を施す場合は恐らく問題ないと言えるでしょう。

しかし、問題は成人の歯列矯正治療の場合です。

これは住んでいる市町村の税務署によって、判断基準も変わってくるようなのですが、成人の歯列矯正の場合は小児の歯列矯正と比べると「健康のための治療」とは認められないことも多いようです。
そのため、成人の方でこの医療費控除を受けたい場合は、歯科医の方に「診断書」を書いてもらう必要があります。
この歯科医の診断書によって、医療費控除を受けられる可能性は大幅に上がるそうですので、歯列矯正治療をお考えの方は実際に治療を受ける前に必ず医療費控除に関して歯科医の方と相談をしておきましょう。
もちろん、小児の歯列矯正治療を受ける方も、この診断書をもらった方が良い場合はもらっておくべきです。



このページの先頭へ