歯列矯正の費用と期間

歯列矯正にかかる費用はその病院によって変わってきますので、一概にいくらと言うことはできません。
しかし、例外として国立の大学病院での歯列矯正治療の費用は一律で80万円程度となっていますので、この値段を目安として歯列矯正の費用は考えると良いでしょう。

また病院によってその料金の体系も様々です。

歯列矯正治療では何回も通院をしなければならなくなるのですが、この通院費を毎回取ることなく、一律で料金を定めている場合。

そして、治療費は一律で通院ごとに数千円の料金を支払わなければならない場合。

様々な歯科医の料金表をみてみても、この2つの料金体系をとっているところがほとんどのようです。

この通院は人によって本当にその回数も変わってきますので、どちらが得かということは人によって大幅に変わってきます。
最初の診断の段階で自分の歯の状態をしっかり診察してもらい、その結果通院の回数が多くなりそうだと診断された場合は、通院費込みの料金体系の歯科医を選ぶことを選択することも一つの案だと思います。

歯列矯正の期間

歯列矯正の期間の方も個人差がもちろんあります。
それでも平均として言われているのが、治療を始めて2~3年程度。
もちろん人によってはこれよりも短い期間で完了する場合もありますし、人によってはこの平均よりも長い治療期間が必要となるかもしれません。

ただこの2~3年という数字は歯列矯正治療の全般にかかる期間ですので、この期間ずっとあの特殊なブランケットを着けなければならないというわけではありません。
ブランケットを着けて本格的に矯正する期間は1年~1年半程度となっており、その後は矯正した歯を慣らすための期間と考えていただければ良いと思います。
しかし、慣らしの期間とは言え、この期間の間もリテーナーと呼ばれる装置をつけなければならないため、多少の手間はどうしても残ってしまいますので、当然これらの作業にも気を抜くことはできません。

この長い治療期間を考えると結構嫌になってしまう人も多いと思いますが、経験者から言うと、全てを終えたときの爽快感というものは本当に格別だと思います。
しかもこれから先の長い人生を考えれば、歯列矯正に費やした期間というものは決して長くはなく、むしろ短かったとさえ感じるのですが、皆さんはどうでしょうか。



このページの先頭へ