成人の歯列矯正

歯列矯正は成人する前に済ましてしまうことが多いのですが、成人してからでももちろん歯列矯正はすることができます。

ただし、まだあごの骨格が発達しきっていない子供たちと比べると、どうしても成人してからの歯列矯正は負担がかかると言われています。

子供の歯列矯正に比べると、どうしても費用や期間がかかってしまう成人の歯列矯正ですが、歯列矯正に関して大きな関心を持つのは子供よりも成人の方でしょう。

成人した人には子供と違った歯列矯正となりますので、そちらの知識もしっかり蓄えておきましょう。



このページの先頭へ